unnamed (4)

 

そういうことなんですよー

 

 

無いと思うもの

貰えなかったもの

失ったと感じるもの

今はそう思い込んでいるんです

 

『この人は私をよ~くわかってくれる』

そういう思いが沸いてしまうのは

 

ない、貰えない、失った

単に欲しかった物を貰えただけ

 

 

例えば…

見たらヨダレが出ちゃう程の大好物

美味しいモノが目の前にある

 

子供

「うわー!これ大好き!食べてもいいー」

 

お母さんは

「これはあなたのではないから食べられないの」

 

子供は

「えーーーーー!コレを食べられなんて!お母さん酷いよー!大好きなモノなのに」

 

お父さんが

「お父さんが同じものを買ってきてあげるから、コレ食べて良いよ」

 

子供は

「お父さん、さすがー!ありがとう♪お父さん大好き❤お母さん、くれないなんて意地悪だね…」

 

お母さん

「意地悪だなんて…親に向かって‼」

 

お父さん

「これくらい、良いんだよ♪」

 

お父さんが登場しなく

子供が我慢すると…

『食べられない…、貰えない…』

 

 

結構ありがちな事

どんな気持ちが奥に出てくるか?

一緒に考えてみてください

 

さぁ、分析しますよー

ーーーーーーーーーーーーー

お母さんは子供に”真実”を伝えただけ

子供は”今貰えない”事しか見えない

お父さんは”かわいそう”と感じる

 

お母さんは”忍耐”を与え

子供は”我慢する”ことを練習

お父さんは”望みを手に入れる”事を証明

 

お母さんは”意地悪”という自己否定

子供は”好きなモノ=自分”貰えない自己否定

お父さんは”与える”自己否定

 

お母さん”ハッキリ伝えられる”切れる

子供”気持ちを言える”正直

お父さん”行動できる”

 

 

お母さん”与えられない”と自責

子供”貰えない”と自分がダメ

お父さん”甘やかす”自己犠牲

ーーーーーーーーーーーーーーーー

お母さんは 

子供が

ソレを大好きだ!という事を

知りません

子供は、大好きなモノを

貰えない自分はダメと感じます

お父さんは、ごねてる子供を感じるのが

辛いので納めようと

聞き入れるのです

 

 

この3人が互いに↑この部分を

成長させる会話をするなら♪

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

子供

「うわー!これ大好き!食べてもいい!」

 

お母さん

「えー!これあなたの大好物だったのー?これは、○○に使うからあなたは食べられないのー。大好物だって知らなかったから~ゴメンね♪」

 

子供

「えーーーーー!コレを食べられなんて!お母さん酷いよー!」

 

お母さん

「あのね、今は食べられないけど、いつもあなたの大好物を作ったり、買ったりしてるよね?

さっきも、大好きなおやつ食べたでしょ?

外食したら、自分の好きなモノだけ食べてるよね?

食べられないときがあるからこそ、次は美味しく食べられるとお母さんは思うよ。」

 

子供

「…」

 

お父さん

「お父さんが同じものを買ってきてあげるから、コレ食べて良いよ」

 

子供

「お父さんありがとう!…でもね、今回は我慢するよ。さっきもおやつ食べたし。

この大好物の味を今ね思い出して、味わってみたんだー

そうしたら、とっても美味しかった!

お母さん、食べる人はコレとっても喜ぶと思うよ!」

 

お母さん

「そうおもう?良かった!あなたもオススメしてた♪って言うわね♪ありがとう」

 

お父さん

「お!そんなに美味しいなら、今度の出張のお土産コレにするよ!よく、我慢できたな♪お父さん何か嬉しいなー」

ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

言葉と思いが伝えられる

ちょっとした変化が周囲を変えます

貰えない事はトラウマにはなりません

他から貰うだけではそのままです

 

★★★★★★★★★★★★★★★

チャイルドセラピスト講座

周囲がいつの間にか変容する

私が魔法の粉を所有できます

詳しくはこちらからどうぞ

★★★★★★★★★★★★★★