罪悪感と愛せてないのサイクル

 


自分の思うようにしたい

してみたら悪い結果
・1、2回で判断する
・すぐに効果がでないと諦める
・反発される

継続できない

私の選択が間違えたと責める

罪悪感

“申し訳ない…気持ち”から与えすぎる

相手に当たり前と認知される

相手に合わせ過ぎる

ストレス、イライラ

愛情が無いのでは?と責める

でも、私ばっかり頑張ってる!

周りは思い通りにやってる

私は思い通りにならない

 

深く詮索したことが無いと思いますが、

家庭においても

仕事においても

どこかが飛んでても

ある程度はハマるのでは?

 

【愛情に関してのワーク】

タモさんでワークします

 

国民的司会者なのに(個人的決めつけ)↔認められている

こんなときもあったんだー(私が驚き、知らない部分)↔興味深い

ハチャメチャだね(あんまり受け入れたくない)↔ドキドキ、ワクワク

images (12)

こういう見慣れた姿が好き(私が安心、動揺しない、穏やかでいられる)

↔好奇心がくすぐられない

国民的に認められている(周りに受け入れられている)↔一般的になったので私だけの…が薄れた

成功している(認知度、裕福、立ち振舞い)↔良い部分を切り取って拡大視

images (11)

自由すぎる(何をするのか予測不可能で怖い)↔ドキドキ、ワクワク

楽しんでる(私も楽しい)↔意味不明である

計画性がない(先が見えない不安)↔ハプニングが起きる期待

行き当たりばったり(知っておきたい不安)↔自分の枠を越える

流浪しないで道を決めて欲しい(事前準備ができない)↔気になったらやってみる

images (10)

 

想像できない(イメージ化できない不安)↔面白そう、好奇心がわく

意図がわからない(目的を明確にして欲しい)↔フィーリングでOK

images (9)

 

モノマネされる(バカにされてる)↔個性がある

見ただけでわかる(バレてしまう不安)↔トレードマークがある

images (8)

 

早稲田大学中退(進路選択失敗した)↔違う道を見つけられた

2つの顔(1つの顔、正直でいなくてはいけない)↔人生は役者になるときがある

タブーに挑戦(禁断の地、未知の領域への恐怖)↔未開地への挑戦、一発逆転、ライバルがいない、

 

images (7)

 

一時のネガティブな感情に支配されてしまいますが

裏側にはポジティブな面も必ずある!

どちらでもありません

 

愛情はあるんです。

だから、苦しんでしまうんです

 

当たり前にしていることが、愛をもたらしています

出来ない!と言うことにも、未来を見据えた愛があります

自分を責めてしまうのは、愛されないのでは…という恐怖

しかし

過去に決断して行動したことは

その時の精一杯の自分の答え

結果、間違っていたような気がしてるのも自分

過去の自分を責めても、その鎖は解けません

その鎖を解く方法は

自分の思い込み、勘違い、を知る

真実をハートに届けることです