私は頑張り過ぎー、与え過ぎー

その答えは

『依存したいんだよ』

『くれよー、欲しいよー』

『守って頂戴よ』

だから、依存されるのが嫌で嫌で仕方ないのに切っても切れなかったー

 

母親から欲しかったもの

貰えてないと思っていたもの

して欲しかったものを

社会からもらおうと…

他人からもらおうと…

パートナーからもらおうと…

子どもからもらおうと…

両親からもらおうと…

依存していたのねー

kjai

変身します!

というか、ソコ認めます!

「甘えたいのー」

「欲しいんだよー」

「守ってくれよー」

「いいなー、いいなー」

ここ最近はこれをやって

心で言ったり、言葉に出したり

本当に甘えさせてもらったり♪

 

そうだよね。でもねー、思うようにはならないこともあるから、今、あるものをしっかり受け取ろう。自分にナイ!と思うのは、欲しいカタチではないけど、あるからちゃんと探してみてー。

あれあれ…?

私が講座でみんなに言ってることが

自分で発信して、自分で受け取ってる!(笑)

教えているようで、いつも受講者さんから学んでおります。

みんな、ありがとう🎵

 

自分自身の居場所が猫の額だと思って

その場を離れたくなくて

しがみついてるのは自分だったー

あちゃー

それに気付いたら、自立!自立!と言ってて

自立できない理由をいっぱい羅列してたのも、よーく見えた…

人の価値観で生きると

自分で決めなくて良いから、本当に楽♪

 

でも責任も持たなくていい

 

いつまでも自分の本心が聴こえず

進みたい道が難しく感じると

「私には向いてない」

「これは違うんだな」

はい!次いこう!と、道を変える

そうやって、逃げてきたんだなー

 

今回は、ちゃんと心に耳を傾ける

心の声を聴く

本当になりたい自分になる

 

息子が来てから、見えなかった世界を知り

知らなかった人に出逢い

また、古い関係から離れて

自分の心を取り戻し、自分を生きる感覚を取り戻し

また、次のステップへ進んでる感覚

 

猫の額は

実はとてつもなく大きく

果てがないんだと感じてしまった

自分の思っている結末を喜んで待つのではなく、違う経路で自分のなりたい姿へ進む

歯車がギシギシ音をたてて

回り出したような気がした

 

やっぱり、世界を視野に行動するって事なんだな

ステージが変身してきているのに

理解できてないのは、私だった…

 

世間の常識、相手の望む通りが、私のシアワセではないのだ

 

それは誰もシアワセにしない