images (55)

デトックス中

 

毒親

これを言ったらプチ毒親

そんなテストがありました

①「○○しないと○○になるよ」

脅迫してコントロール

②「あなたのため…」

相手の為というお仕着せ

③「苦労して育てた」

②と類似かと思いますが犠牲心

 

これらは大抵言われている方、言っている方は大多数だと思います。

 

どうしても、自分の思うようにいかないとき、期待と違うとき、自分の気持ちがどうにもできないので、この気持ちを沈めようと相手のせいにして、コントロールしようとする言動

 

自分自身の思考クセや、

感情のパターンの仕組みを理解して、

問題は相手ではなく自分の中にある

ここをしっかりやっていくと

 

毒親にはならないし

毒親に育てられたともなりません

 

「毒」というネガティブ・ワード

これ事態も

①「良い母親にならないと、子供がトラウマもって将来の親子関係に亀裂が入るかもしれないよ♪(^-^)」

笑顔で警報鳴らしてる感じがする

—————————————————

子どもの気持ちに寄りそう育児

誉めて育てる、自己肯定感を上げる

ダメダメばかりだと存在価値の否定

——————————————————

子どもの言うことをきく

やりたいようにやらせる

いっぱい誉める

ダメと言わない

とっさに出る一言が

大体はネガティブ・ワードなので

「あー、出ちゃった…」

「あー、言ってる、言ってる…」

で、

「母親失格だ…」

「良い母親じゃない…」

「他のママはちゃんと出来てる」

「他のママはキラキラしてる」

「他のママは育児楽しんでる」

自分を否定する

育てられた環境を否定する

育てた人物(母親)を否定する

自己嫌悪(>_<)(*_*;(ToT)Σ(゜Д゜)

 

 

こういうサイクルから抜けられない

自分の子育てがそもそも正しいのか?

結果が見えてこないので不安

 

一時、気持ちが楽になっても

日常に戻るといつものサイクル

 

こんなこと日常茶飯事ですよー

 

でも、

自分の思考クセ

感情のパターン

心の仕組み

しっかりわかれば

母親と子どもとの壁も溶けて

勘違い、思い込みがなく

ストレートに伝わります

 

Aurora Mom’s School

では母親との関係に焦点を当て

イメージや感情のワークを主体とし

様々な角度から意識を向けていきます

 

チャイルドセラピスト講座

では、いままで感じないようにフタをした

心を光合成し、酸素と水、二酸化炭素を排出

感情の循環を促します

自分自身を成熟した大人に成長させ、自身を生きる

ワタシ再構築プログラム

 

今月はバレンタインもあるし

「毒親デトックス術」でもやろうかしら♪

images (57)