このBLOGの記事について
色んなご意見や、ご感想をいただいてきました

ソースは

自分自身

家族

そして読んでくれている「あなた」です

djalil

いつも、ありがとうございます♪

 

「わたしの事かと思いましたー」

「どっかで見てましたか?」

「まさに、そんな出来事がありました」

日々の気づきや

家族と過ごしていて感じる事

講座の中でも発見があります

 

私自身もまだまだ、いろいろな感情が溢れだしますし
子どもにイライラしたり
親にオイオイ…と厭きれたり、怒りを出したり
本当にいろいろとあります

今年の年末年始は
いつもよりも長期間両親と共に過ごしましたが
今までよりも自分自身が本当に楽に過ごせました

去年の年末は
母親と大喧嘩になり救急病院に行くくらいにまで
精神的なものが体調に影響し
母親ともしばらく疎遠になりましたからね…
(母も3日くらい家出したようですが…)

2年前
1年前と比べると
今の自分の立っている場所は想像もつきませんでした
自分の努力が実り
本当にワタシ自身を大切にしていられたからこそでしょう

 

そして
いつもは「はぁー?」と感じてしまっていた母親の言葉も
母親の人生の痛みとして翻訳し受け取れたこと

バッサリ斬りまくった事(笑)

「もう、助けなくていい」ワークをしてきたので
”私のせいではない”とハッキリと伝えられ
その後の関係も普通に過ごせており
母親自身が何かを感じ取っているように思います

 

BLOGに書く記事ですが
ソースは「あなた」と冒頭で述べましたが
本当に世の中にはネタが転がっている
すぐに忘れてしまう事もあったりして
書ききれていないのが現状ですが…

 

例えば
子どものイヤイヤは色んな所で見かける話題ですね

それに対する大人の反応も様々ですが
子どものイヤイヤはそういう時期が来ているということもありますが
『母親自身の抑圧した感情の投影』でもあります

 

スーパーで転がった
怒ったら倍返しで暴れる
外ではいい子なのに…

色々とあると思いますが
自分自身だと思ってみてみてください

正直気にかかる行動もあります

 

お母さんと子どもに
見えない壁があって
お互いに伝えようと一生懸命なのですが
この二つの壁に跳ね返されて
届かせたいところに届いていないのです

この二重のベルリンの壁を崩壊させないと
双方の本質は理解できず
何も見えませんし、聞こえません

お互いに目に見えている事
聞こえてくる事を

ただただ
鵜呑みにして勘違いを続けていきます

ソースは「あなた」なので
大体の原因は理解しています

 

時間が解決するだろう
理解できる年齢になれば大丈夫だろう
前はあったけど、今はもう落ち着いた

 

潜伏している根っこにアプローチせずに
放置することも可能ですが
本当に根本解決をするのであれば
目をつむるのではなく

一歩進むしかありません

 

周りと足並みを揃えて
なんでもないフリして一日一日を送るのか

周りから一歩前へ出て
なんでもあることに目を向けて成長するのか

 

1年後
2年後
毎年、毎年
日々
自分が成長したこと
周りに感謝でき
本当の愛を受取り

自分自身を大切に
一人で決断できる自分になりたい

本当にミラクルは幻想ではないという事を
実感している今日この頃です