unnamed (5)

正解を求めるのを止めましょう♪

 

良い子育てや子供との関わり

悪い子育てや子供との関わり

 

良いことに感じることにも裏があります

悪いことに感じることにも裏があります

故に、どちらでもありません。

 

自分の母親に対する思いや感情から

『こういう思いをさせたくない』

『あんな子育てイヤだ』

『こうしてあげなくちゃダメだ』

『ああだと未来は…』

 

それって

そもそも

本当でしょうか?

 

お母さんはその時の精一杯で

子育てしてます

子供と関わってます

 

でもね…

『私の思い通りにナゼならない!』

『あたしゃ、こんなに我慢してるんだよ!』

『オメーの欲求ばっかりか?あん!?』

『私に安らぎをくれー!』

 

 

『私のブースト・アクセルにいま遊びの部分はないって知っててのことか?』

 

そんな悪魔を宿してます

 

この悪魔を感じて

『おぉー!カワイイ我が子、あんなにも望んだ子、愛していた(過去形)夫、私を産んでくれた母親に(出産の大変さを知ったので一応…)こんな思いを持ってしまったーΣ(゜Д゜)』

酷い罪悪感になり

見なかったことにして

圧縮パックに詰めて遺棄しようとしますが

 

潜在意識が残り香を発し

相手の潜在意識レベルの嗅覚がキャッチ

そして

 

ボタンを押されるのです

 

 

どんだけ~

unnamed (80)

 

 

『いいの、いいの大丈夫』

『そういう時もあるよ』

一時はいいかも知れないが

また、同じことが起こる

 

この罪悪感のスパイラルから

いつ抜けられるのだろう…

不安だけど

同じ境遇の人と話してると安心する

そのうち

時期が来たら

お互いに成長して

「あの時は大変だったー」

良い思い出になるんだろう…

 

何事もなく過ぎていき

 

思春期に出てくると

また、反抗期だから仕方ない

社会人になっても

子離れできなく

自立しようとしている子を

紐を着けて羽ばたかせ

何かあると

「私が居ないと結局何にもできないんだから!」と、怒りながら失望し

「大人なんだから、心配かけないでよ!一人前になってよ!」

いつまでもー

いつまでもー

 

『私の育て方が悪かったんだ。甘すぎたんだ…』

定年を迎える歳になっても

『自立してくれない。もう、助けてあげられないのに…』

 

自立されて

親としての価値が無くなり

頼りにされない

必要とされない

 

淋しさ

喪失

意欲

 

私の存在意義の為の子育て

私の価値を埋める為の関わり

 

また、同様の思いを次世代に残してしまう

 

大人になって

デビルがサタンになって

巧みに相手を操ろうとする

無くなると

良い子を演じ懇願する

「もう、しません…」

 

喉元過ぎればサタン化し

同じ事になります

 

本当にそのエネルギーが

重くネットリ絡まり、

喰われるしかないのか…

そう感じるんです。

 

0~7歳までに

10歳までに

 

相手を変えずに

自分自身が変わるということで

相手も

周りも変えられます

 

自分の問題と

相手の問題に

線を引けます

 

母親と子どもの関係に

力が入らなくなり

罪悪感ゼロでバサッと言えます!

 

本当のトラウマは

正直な気持ちがお互いに通じない事

この壁が無いことが

親子の本当の姿で居られること

 

あの時辛かったけど

向き合って良かった♪と思える道

 

正解かどうかは

次の世代が知っています

==================

チャイルドセラピスト講座 詳しくはこちら

Aurora Mom’s School 詳しくはこちら

個人セッション 詳しくはこちら

ピエタセラピー 詳しくはこちら