決死の覚悟で!飛んだ

 

images (52)

 

自分自身の経験に無いことに

チャレンジする気持ちって

決断と覚悟が必要です

 

更には

『人のせいにできない』

恐怖

 

失敗した時の言い訳

 

己との戦いが起こります

 

自分にはできる!

でも

失敗したら?

周りはどう思う?

言い訳も必要

自分をどうケアすれば?

尻拭いは誰が?

 

 

出来ない理由を考えて

その冒険自体を亡きモノにしようと

思考します

しかし、心は冒険したい

 

 

こんな時は

自分自身は成長したい

自分にはムリ

2つの抗争

=================

ワーク

 

どんな不安や恐怖がありますか?

誰にも見せないので

本当に感じる事を書き出しましょう

周りがどう思うか…

バカにされる…

反対される…

費用が掛かる…

好きな分野…

ずっとやりたかった…

諦められない…

今がタイミングじゃない…

 

出てきた気持ちは本当にそうなりますか?

実態のない不安ではありませんか?

幼少期に他と比較されて

『お前にできるわけない』

『そんなレベルじゃない』

『お前にはもったいない』

『どうせ長続きしない』

『何やらせてもダメ』

『お金のムダ』

他の兄弟、友達と比較されたり

元々やりたくもなかった事で評価されたり

親の想像のレベルに到達できず落胆され

時期尚早と相手にされず

長続きすることが良いことと思われ

 

子どもならではの探求心を

大人の思考と意識

大人の社会目線で制限されただけ

 

それが否定的に感じてしまいますが

その意識の中にメリットもあったはず

やりたいことを何でも突進するのではなく吟味して行動できる力

長続きしなくても自分には合っているかいないかが、やってみてわかった

後で出来た事を実は知らせた

お金を掛けて実(才能が開花しない)にならない事(元が取れなく損した)だったので残念

 

==================

子どもが成長する過程で

自分の経験になく、出来ないように感じて親にやってと頼む場面も多々あります

小さいので何でもしてあげなくちゃ♪

だけでは、いつまでも成長できず

親は『手の掛かる子』

子は『自分だけでは出来ない』

思いを残してしまいます

 

 

出来る限り自分でできる事はやらせ

「本当にできなかったらママが手伝うよ!」

出来ない所は

やり方を教えてから

一緒にもう一度やって

一人で更にもう一度‼

できたら一緒に喜ぶ!(^-^)

 

「やり方がわからなかっただけで、できたねー!すごいねー!」

 

それでも出来なかったら

「残念だったねー。また挑戦してみようね♪ちゃんと出来るようになるよ!ママも同じだったんだよ」

 

自分の力でできなければ

諦めるのではなく

方法を知り

サポートしてもらい

達成できる事もある

 

今回はやってダメでも

またチャンスはある

チャレンジは一度キリではない

 

昔からやり残した事

やってみたかった事があれば

子どもにやらせるのではなく

ワタシが今からやりましょう

今やりたいことがあるのなら

是非、やりましょう

 

 

飛ぶ前は

○○だったらどうする?

ばかりを想像します

 

決断と覚悟して飛んでみると

地獄だと思っていたら

天国だった

意外と高くなかった

下にはマットガあった

思っていたより楽しかった

 

逆もあります

 

やる前から決めるより

やってみてから決めませんか?

サポートは天界にお願いしましょう♪