子育てサロンやお友達と遊ぶときに
必ず出てくる

ⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡ
今、A君が使って遊んでいるオモチャに
Bちゃんが突如やってきて遊び始める
ⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡⅡ

仲良く何のトラブルもなく
その場が平穏に行くといいのですが

ひと度
取り合い
囲い込み
手が出る
どちらかが泣く

と、なるとその場で
一気に母親が刺激され
周りも同様に刺激されます

今日、正にそれが勃発
友人同士でこの辺りの共通認識でさえ
どちらが悪いのか?!
と、なりますよね?

外だとその場かぎりの出会い
余計にお互い良いママ合戦に…

=================
質問です

こういった時
①どういう感情が湧き上がりですか?
また、
②どう対処しますか?

A君の場合
B君の場合

それぞれ、考えてみてください。

===ケース============

今、A君が使って遊んでいるオモチャに
Bちゃんが突如やってきて遊び始める
A君は「僕の!」と言って怒り
Bちゃんを払いのけ、Bちゃん泣く
==================

どうですか?
大抵の場合は泣いた方がかわいそう
泣かせた行動が悪いと、なり

A君のママは
「泣いてるでしょ!かわいそうに!仲良く遊びなさい!ごめんねは!」

Bちゃんのママは
「こっちが悪いよね~。」
(内心は…
○貸してくれたっていいじゃない
○また、泣かされた弱いな~
○泣いちゃった、どうしよーオロオロ苦笑い)

考えた方も
A君は悪い!Bちゃんが悪い!
と思考力が働きますね

このケースを大人に当てはめると
================
Aさんは集中して仕事をしていました
そこへ突如、Bさんがやってきて
使ってる資料やペンも取り上げて
仕事を始めました

Aさんは「いきなりやってきて何だ?」
Bさんは「急に目に入ったらやりたくなった」

大人ではあり得ない!ですが(笑)
==================

重要なのは
子供がどう
感じてやってるのか?
であって
ママの感情で物事を決めない!
と、いうことです

今日、正にこの出来事があり
今まで経験でき、実践したことを
出来た!と、思います。
周りは色々な感情が出たと思いますが苦笑

息子がレール電車で遊んでいると
男の子が乱入して、遊び始める
息子は「僕の…」といって私にアピール
男の子の手を払いのける
軽く取り合いになり息子が泣く

ここまで、近くに居て一部始終見て
タイミング的にちょっとだけ介入しました

遊んでいる子供には
その子供の遊びの世界観があります。
今は触ってなくても、配置や動かし方も…
ここに寄り添い

男の子には「今、遊んでるから終わったら順番に遊ぼうね」

息子には「沢山あるから、使わないのはお家と違って自分だけのモノじゃないから、貸してあげれば?
自分も逆の時もあるでしょ?
コレを貸しても、まだまだ沢山あるんだよ。全部無くならないよ。」

images (43)

ここで、ちょっと時間が必要かも
しれませんが、

息子に選ばせて男の子に渡す

ここは”納得の我慢”の芽を育てます

男の子には、ここは息子の世界観なので
別なレールを渡し、違う場所で作ってもらう。

その間に息子が「僕だけのモノ!」から、
「そうだよな~」と感じるのを待ってあげます。

今、目の前に起こっていることを
瞬時に対処するのではなく
ママ自身の感情を感じ
息子の感情、意識を捕らえ
相手の気持ちを通訳してあげる

好い人ブリッ子の必要はない!

息子が泣いてる時に
相手のママは
「何で取るの?泣いてるよ。かわいそうでしょ?悪い子だね…」と
ダメダメ悪い子注意をしていましたが

コレやると
「こんな僕はダメで悪い子なんだね…
もっと悪い子になって
ママに嫌われてやる!」
ママは更に日々疲弊してしまいます

現にこのママは
「2歳4ヶ月、昼寝しなくなって、
困るんです💧」と話しており疲れた様子
息子に振り回されて子育てサロンを右へ左へと動き回っていました

この男の子の側の場合は
「今はお友達がココで遊んでるよね?
遊びたいだろうけど、終わるまで違う事して待とうね。

(泣いたら「遊びたいね。でも、何でも思い通りにいかない事が世の中ではあるんだよ。」泣かせる。泣き止んだらもう一度話す。)

この子の世界だから、コッチにママと違うの作ろう。」

どっちも悪くないし
どっちもダメじゃないんです

一番理解して欲しいママに
否定されるのが一番辛い…

しかし、とっさには出来ない!
出来なくっても大丈夫!
後で「ごめんね~、あの時ああ言っちゃったけど、好い人でいたいママの問題だったわ。あなたは悪くないしダメじゃないし、本当に大好きなんだよ♪
でもね…(その時の説明)
次は2人チャレンジしてみようね♪」

やってた私も
「周りにどう思われるだろう?変な目で見てる…?          良いけどね別に~」
そういうオーラ出てたはず(笑)