ワードプレスのプラグインをアップデートしたら…

なんか不具合が起きて、エラーメッセージが出てしまい

 

ホームページが表示されなくなり『まじ~!うわぁ~!』となった深夜0時

 

何とか対処しました♪

 

本当にインターネットって便利ですね!!

情報提供者の皆様、いつも助けていただき誠にありがとうございます!!

 

わたしは、インターネットサーフィンを自分の仕事に生かせられて

なんとかいままでも、独学でここまできたんですね♪

 

前夫と知り合ったのもインターネットで(笑)

英語のレベルを少々上げたのもインターネットで(笑)

かなりの活用ですね♪

 

バッサリと斬られるのが怖いんです~

それは、斬られた経験が少ないからですね。

あまり、責任もってやってこなかったからこそ

「なにくそ~!」と思わずに、軽く注意された段階で

『あぁ~、認めてくれない…』だったらもうあきらめよう。と
引き下がってきましたか?

 

斬られるのが怖い!ということは

怒られるのが怖い!ということ

『怒られるワタシが居る!』と、どうやらご存知のようですね♪

怒られるワタシってどんなの?

 

・言われたことが、よくわかってない

・自分なりに解釈してる

・経験不足を知られてしまう

・大したことのない自分をあからさまにする

・いままでどうやって生きてきたのかを思い知らされる

・勝手な判断で進めている

・わからないままにして「こんなことも知らないの!?」と言われるのがイヤでイヤで、そ~っと…そのままにしている

 

いやですね…汗;汗;

 

ワタシも怒られるの怖いです~汗;;;;

ですが

ここ!思いっきり斬られに行こうと思います!!

というよりも…

 

己の非を認めろ!!

ということなんですがね。

 

知らない事を、「え?それを知らないの?どうやって生きてきたの?」

くらいに言われそうで…

 

バカにされるってことですよね

 

己の非を棚に上げて…(幼少期の自分が無知だった。レベルですけど)

子どもが新たに知った知識を「すげ~わたし天才!!」と勘違いして

親にそれを言ったら

親は「へぇ~すごいね~ママは知らなかったわ~」と知らないフリしてくれてるのを

「すごいでしょ~ワタシは知ってるんだよ~。ママ、知らないんだ~」エッヘン!!

 

こういう見下しですよね。

 

元々の種は小さいのですが

大きくなると拡大していくので、出来事がグングン大きく見えてきます。

 

元々、自分が幼少期に親に対して「見下す、バカにする」をやっていたので

こんどは、自分が「見下される、ばかにされる」側に立つんですね

 

親子の間だけではなく

上司と部下

先輩と後輩

コーチとクライアント

講師と生徒

 

 

そういった関係でも出てきます

 

した側(加害者)のやり方を知っているからこそ

される側(被害者)へのやり方がわかるのです

 

される側に立つには、した側の経験がなくてはわかりません

 

 

己の非を思いっきり認めて!斬られてこい!そこから猛反省してゼロからスタートすればいいだけ!

 

罪悪感もここから出てきますよ~