エリートの世界
誰もが憧れるような金融業界のトップに君臨していたが、ある日突然その道をはずれる事に
ホワイトカラーから
ブルーカラーという真逆の道を選択する
祖父と父が築き上げた会社に頼らず
自分自身で道を創造しようと励む
最低基準の1000時間勤務を決め
持っている最高だったものを手放してでも
本気の覚悟で挑み続ける
人生の中では
本気で掴みたい何かがあるとき
どんな思いをしてでも
やり遂げる意思を持ち
進むときがあるのです

映画は2時間程度で終わります
そのエンディングが
一本調子で続いているのではなく
そこからも未来へと続いているのです
他人の人生を直接的に見たとき
映画のワンシーンのように妄想するのです
私もあの人だったら…とね
ここを正直に言ってみましょう
(メモ書きにしてでいいです♪)
そして、【あの人の現実】と妄想していることを、自分自身が欲していることを認識しましょう
認識したら、それを持っていそうに見えるあの人を羨んでいる自分を感じてください
・いいな~○○で
・いいな~○○で
・いいな~○○で
・いいな~○○で
これこそ、自分自身が感じている思いを言語化しているものです
しっかりと感じて、”いい” “わるい”に分類せずに、『私は○○が欲しいんだね』と
胸に置き場所をつくって、置いておきましょう
居場所があるって嬉しいですよ♪
『ここに居てもいいんだ~♪』
『居場所があるんだ~♪』
感情にいい、わるいはありません



この後のストーリー・テラーは
自分自身でしかないのです
Mind Theater LINE@
友だち追加

Mind Theater メルマガ
【ワタシを幸せにできるのはだれ?】

メルマガ登録はこちらをクリック

Mind Theater

潜在意識から自己価値と美意識を昨日より成長させる
思考空間ビジュアライザー
コツコツセラピスト  ダムラ真弓