雪かき❄️といえば、雪国の冬の日常
雪が降ると「あ~雪かきだ~?」
そんな声が聞こえてきます
子どもの頃は帰宅し、夕食後に
雪かきする父
一緒に出ていき夜の雪遊びをよくしました
夜中に除雪車が入ると
ムクムク起き出し
積もった雪を道路に出して
除雪車に持っていってもらう
そんな母…(ごく、たま~に手伝う(笑)
朝少しでも快適に時間を有効に活用する
共働きの鍵っ子のワタシは
学校から帰宅すると基本は暇です
〈誉められたい〉が為に家の手伝いをする
降り積もった雪を『これでもか~』と
父や、母よりもキレイに除雪する
さらに降り積もったらまたやる…
〈誉められることを目的に♪〉
案の定
「(子どもなのに)大変だったね~ありがとう!」
『えっへん♪どうだ~』と胸を張るも
その言葉一言で終わる…
ず~っと、ず~っと、
いつまでも誉めて欲しかったんだな(笑)
たまにしかやらないから!?
一番大変な時はやってない…
ーーーーーーーーーーー
大人は誉めてもらう為にやらないんだよ
日常を快適に円滑にするため
当たり前にやってるんだよ
自分の為にやればいいだけだよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
父や母は本当にキレイに丁寧に
雪かきをしていた。
当たり前に、誰もあてにせず…
黙々とやるだけ
雪かきをしながら
両親の見せてくれていた世界を思う
ーーーーーーーーーーー
雪かきは大人のするもの
雪は邪魔なもの
雪かきは特別なものと思っていた
子どもの思考
たまに雪が降る地方のニュースをみて
「雪国では雪なんて当たり前なんだよ!」
偉そうにする、子ども思考
雪で被害者になっていると感じていた
子ども思考…
雪かきは自分の仕事じゃないと思ってたんだ!
雪は遊ぶものだと思ってるんだ!
雪は思考の見える化
一つ一つは小さい分子
それが積もるとたくさんになる
良いときもある
悪いときもある
その人の意図によって
「いい」「わるい」に変わるだけ
ーーーーーーーーーーーーー
雪かきは全身運動♪
雪かきは黙々と日常的にやる家事の一つ。
Mind Theater
美意識成長セラピスト
http://mindtheater7.com
画像お借りしました