母親がいろいろとお世話してくれる
『なに?そんなの当たり前のことでしょ!』
そう感じましたか?
『いやいや、自分でできることは自分で!』
そう感じましたか?

この1枚だけをみて
どういうイメージをしますか?
・お母さんは子どもをこき使う
・お母さんは子どもを利用する
・お母さんは自分でやらない
・家の手伝いをするのは当然だ
・子どもはやらない言い訳をする
・手伝いは子どもの仕事じゃない
・子どもは元気で学校に行くだけでいい
・子どもは親の言うことを聞くもの
答えは❗
どれも正解で⭕
どれも不正解❌
フィットする答えは
幼少期、親に対して
どう思っていたのかが鍵

鍵穴(大人の意識での考え)
鍵(子供の意識で昔、決めた考え)
合っていない…
鍵穴が新しくなったのに
持っている鍵は古いまま
何とか開けようと躍起になってるが
なぜ開かないのかわからない

夫が日本に来たばかりの時
掃除
洗濯
家事
何一つとして出来ないガーン
私の実家においては
父、母、兄、私
掃除
洗濯
家事、裁縫までも
全て器用にこなす
料理なんてプロみたい!ラブ
なんじゃこりゃーー!
という衝撃?
実際に思い返せば…
Webチャットをしている後ろで
夫の母親と姉が彼らの部屋をせっせと
掃除している
本人はおねがいありがとう!もなく❌
口笛手を頭の後ろに組み
当たり前~のごとくのポーズ
無論、避けたり配慮はしません
むしろー
掃除している人が
お邪魔してごめんなさいねキョロキョロ状態だった…
日本にいらした際は
朝から夜遅くまで働いていた私
時間があり家で家族とチャットする夫
買っても
作っても
消費される方に追い付かない食品群
・買い方わからなーい
・ハラールじゃないかもー
※宗教的に認められている原材料
・お店はどこにあるのー
本当に本当に手の掛かることばかり…
私自身の
鍵が…母親は世話するのが当然だ!
鍵穴は…自分の世話を出来て、人を思いやり協力するのが大人だよね
バッチリ違うのです
しかし…
鍵の魔力は強力で…
幼少期の自分が超スーパー餓鬼だとは
認識できないのです…
ゴミの分別さえも…
「何でオレがやらなくちゃいけないのえー
『じゃー、誰がやるんだ!ムキー
イライラを減少させる為に
自分でやることを増やして
超スーパー餓鬼様には
餓鬼としてもっともっと成長して
頂くことに…
人間がどんどん忙しくなり疲弊し
餓鬼は時間ができ観察力も上がり
人間の空き時間を見つけたら即時指摘する
母親は世話するのが当然だ!
そんな気持ちを1ミクロンでも
持っているような感覚があるのなら
無意識下の潜在意識には
相当ある!ということ

認識している表層意識は5%
認識できない深層意識は95%
だとすると…
1匹の餓鬼を見つけたら…
19匹の超スーパー餓鬼が見えない所に…

世話をしろ~
世話をしろ~
世話をしろ~
疲弊してるの?ふーんそうなんだー
世話をしたら休めば
世話をしろ~
世話をしろ~

子どもは世話をしなくちゃ何もできない…

そう思っているのも同じです